Support Website Contact Support Blog

Pix4Dcatchを使用する際の撮影ティップス

Pix4Dcatchは通信ネットワークに繋がっていて、LiDARセンサー付きのiOS端末で使用される際に最適化されています。上記を前提にPix4Dサポートページに掲載されている撮影時の推奨事項を日本語で共有いたします。

画像撮影時のヒント:

  • 不必要な背景の情報の過多な取得を避けるため、撮影中はデバイスを少し下に向ける。
  • 特に直接光源からの光が当たっている場合、反射する表面は避ける。直接的な光が当たっている場合反射す表面は3D構築することが難しい。
  • ある1点から撮影して360度カメラとして使用するのではなく、対象物に沿ってもしくは対象物の周りを歩きながら撮影する。
  • 対象物の周りを一周、円形ミッションのように画像撮影をする場合、360度ではなく約380度程度撮影し、最初と最後の画像群にオーバーラップを持たせる。
  • 画像撮影中に出来るだけ均一な画像のトリガーをするために、ゆっくり動く。
  • 屋内マッピングには最適化されていない。
  • 対象物に近寄りすぎない。
1 Like